若いころは薬などあまり飲む方ではありませんでした。

手放せなくなってしまった薬の話

手放せなくなってしまった薬の話

41才、女性のエッセイ : 若いころは薬などあまり飲む方ではありませんでした

若いころは薬などあまり飲む方ではありませんでした。
唯一風邪をひいた時くらいでした。
あまり薬に良いイメージが無かったので、常時服用することは考えてもいませんでした。

しかし年を取ると、どこか体に不調をきたし、薬に頼ることになりがちです。
私の親は血圧とコレステロールの薬を毎日のように飲んでいます。血圧を上げないためには薬が手放せなくなったのです。
毎日のように服用している薬の場合、例えば血圧の薬だと服用をやめるとまた血圧が上がってしまうことにつながるので、大変です。

私もこの親の血をひいているので、近い将来血圧やコレステロールでお薬に頼る日がくるのではないかと思っています。そのためには日ごろの健康管理が必要です。

今現在の私が手放せない薬は鼻炎薬です。
花粉症ではないのですが、急に鼻炎を発症しくしゃみが止まらなくなるので、薬は必要です。
それから頭痛薬もよく飲んでいます。薬は本当に助かりますが、正しい服用も大事です。

お役立ち情報