会社の健康診断で、コレステロールの数値が高いことがわかりました。

手放せなくなってしまった薬の話

手放せなくなってしまった薬の話

58才、男性のエッセイ : 会社の健康診断で、コレステロールの数値が高いことがわかりました

会社の健康診断で、コレステロールの数値が高いことがわかりました。
それで、近所のお医者さんに診てもらったのですが、肥えていることが原因の一つであり、痩せれば数値が下がる可能性があると言われました。
そして、薬をくれたのです。

痩せようとがんばったのですが、なかなか痩せる事ができないでいます。食べる習慣がついてしまっていて、暇さえあれば何かを食べてしまうのです。
痩せればコレステロールの数値は下がると思いながら、食べてしまって肥えたままです。

しかし、去年も今年もコレステロールの数値は低かったのです。
なぜかと言うと、薬のおかげです。
去年、健康診断でコレステロールの数値が低かったので、しばらく薬をやめたのです。

その時、お医者さんで数値を診てもらったら、元に戻っていました。
つまり高くなっていたのです。
それで、再び先生から痩せなさいと言われると同時に、薬を忘れずに飲むように言われました。
そして薬を飲んで今年の健康診断を受けると、きっちり下がっていました。
もう、この薬は手放せない状態です。

お役立ち情報