偏頭痛持ちの私は、季節の変わり目が苦手です。

手放せなくなってしまった薬の話

手放せなくなってしまった薬の話

48才、女性のエッセイ : 偏頭痛持ちの私は、季節の変わり目が苦手です

偏頭痛持ちの私は、季節の変わり目が苦手です。
今はちょうど桜が満開になって世間ではいい季節といわれる4月の始めですが、まだまだ朝晩寒かったり気温も不安定で、疲れがたまると偏頭痛が出てくるため、気をつけないといけません。
偏頭痛が出ると、頭痛薬を飲むのですが、薬を飲むと不思議としばらくすると落ち着くので、ついつい薬に頼ってしまいます。1日2回の薬なので、朝1回飲んで少し落ち着き、夕食後にももう1回飲むと、かなり頭痛も緩和されます。薬を飲むとよくなるという精神的なものもあるかもしれません。
頭痛薬ばかり飲んでいるとそのうち手放せなくなるよと、自然食志向の友人に怒られたことがあるのですが、私にとってはその頭痛薬は神様みたいなもので、やめることはできません。
友人が言うには、食事で徐々に体質を変えていく方が賢明とのこと。体のなかをきれいにして、偏頭痛が起こらない体にした方がいいそうです。
頭痛薬が手放せなくなっている私には、なかなか難しいです。

お役立ち情報