menu

  • 全ページ一覧
  • 私は昔から肌が弱いのが悩みでした
  • 手放せなくなってしまった薬というと、かゆみ止めの薬です
  • 子どもの頃から健康で
  • 私はかなりの頭痛持ちで
  • 20歳くらいの頃から何となく違和感を感じ
  • 私の家系は血圧の高い人が多く、私も遺伝で若いころから高血圧でした
  • 私は昔からすごく周りに気を使う神経質な性格なので
  • 若い時には薬はほとんど摂取したことがなく
  • お腹が弱い人間にとって
  • 手放せなくなってしまった薬の話といえば、私の場合、咳止めの薬です
  • 学生の頃なのでもう30年近く前になりますが
  • 若いころは薬などあまり飲む方ではありませんでした
  • 最近働き始めました
  • 会社の健康診断で、コレステロールの数値が高いことがわかりました
  • 日常生活で手放せなくなってしまった薬が3つあります
  • 私は子供を産むまで、自分が貧血体質だという事を知りませんでした
  • 私は小さい頃からアレルギー体質なので、様々な薬を使ってきました
  • 人間年を重ねると、いろいろと体に不具合が出てくるものです
  • できることなら、薬など使うことなく生活を送りたいと思うもの
  • 花粉症の季節には、アレルギー性鼻炎の薬が手放せません
  • 学生時代は特に不調を感じることが少なかった私ですが
  • 常に持ち歩き手放せない薬は、せき止めの薬です
  • 偏頭痛持ちの私は、季節の変わり目が苦手です
  • 私は現在、保育園で乳児クラスの担当保育士として働いています
  • 私の母は若い頃から偏頭痛持ちで
  • 30歳を過ぎた頃から
  • 春の季節は鼻炎の人にとっては、苦しい季節ではないでしょうか
  • 私は数年前からビタミンBの薬を飲み続けています
  • 持病があるという人は決して少なくありませんから
  • 頭髪のことがかなり気になっています
  • 子どもの頃から偏頭痛がひどく
  • 具合が悪くて飲み始めた薬なのに
  • 初潮を迎えた12歳の時から
  • 私が手放せなくなってしまった薬、それは低用量ピルです
  • 私が最近になって手放せなくなってしまったのは、生理痛の薬です
  • 一年前から、原因不明で治療法がこれといって無い難病に罹っている
  • 一時期、睡眠薬が手放せませんでした

  • 37才、女性のエッセイ : 私の母は若い頃から偏頭痛持ちで


    私の母は若い頃から偏頭痛持ちで、少し疲れたり寝不足が続いたりすると、酷い頭痛で起き上がれない位でした。
    その血を継いだのか、私も2代後半から度々頭痛に悩まされるようになったのです。
    母と同じく、疲れや寝不足、生理前後などに不定期に起こり、目も開けていられないほどズキンズキンと脈を打つように痛みます。
    周りからは頭痛薬を勧められたのですが、風邪を引いた時もあまり薬には頼らない性分で、自分の治癒力を信じ治してきました。
    そのため、痛いからといってすぐに薬を飲む事には抵抗があったのです。

    でもホルモンの影響からか年々頭痛は酷くなり、病院に行って検査をしたのですが、異常は見られませんでした。
    その時、医者に「どうしても我慢できなければ、市販の薬に頼るのもいいですよ」と言われ、頭痛薬を飲んでみることにしたのです。

    すると、服

    [1] 2



    contents



  • 【PR】



    手放せなくなってしまった薬の話
    Copyright 2018 All Rights Reserved.