私は昔から肌が弱いのが悩みでした。

手放せなくなってしまった薬の話

手放せなくなってしまった薬の話

41才、女性のエッセイ : 私は昔から肌が弱いのが悩みでした

私は昔から肌が弱いのが悩みでした。
小さい頃から皮膚科に行く回数が人よりも多く、いつも塗り薬や飲み薬をもらって飲んでいました。
その肌の弱さは大人になった今でも変わらず、特に季節の変わり目になると、全身のあちこちに湿疹ができてかゆくなってしまいます。
本当は皮膚科に行って湿疹に合う塗り薬をもらってくればいいのですが、毎日会社勤めをしていると、なかなか病院に通う時間を作ることができません。そこで、私が手放せなくなってしまったのが、市販のかゆみ止めの軟膏です。

ドラッグストアの薬剤師に相談して購入した軟膏です。
季節やその時の環境や自分の状況などで出る湿疹が違うので、オールマイティーでどんな湿疹にも効果がある塗り薬を購入したいと思い相談したところ、おすすめされたものです。

実際に使うと、ちょっとした湿疹ならすぐにかゆみがおさまり、治ってしまいます。薬剤師に相談して購入しているので、市販の薬ですが安心して使えるのも嬉しく思います。市販のかゆみ止めの軟膏は、私にとって手放せない薬のひとつです。
これからも使っていきたいと思います。

お役立ち情報