私が最近になって手放せなくなってしまったのは、生理痛の薬です。

手放せなくなってしまった薬の話

手放せなくなってしまった薬の話

28才、女性のエッセイ : 私が最近になって手放せなくなってしまったのは、生理痛の薬です

私が最近になって手放せなくなってしまったのは、生理痛の薬です。

高校生の頃までは、非常に生理が軽く、生理痛もほとんどありませんでした。

でも、大学に入って環境が変わったせいか、急に生理痛がひどくなってしまったのです。
最初の2〜3日は、ただ座っているだけでもつらい状況なので、薬を飲まないと過ごせません。
話には聞いたことがありましたが、生理痛というものがここまで大変なものだとは思いませんでした。
小さい頃から健康な体で、薬というものをほとんど飲んだことがなかったので、まさかこんなことになるとは思ってもみませんでした。

市販の生理痛の薬を飲むと、スッと痛みが引いていくので、いつでもカバンの中に薬を入れています。ドラッグストアなどで気軽に買えて、リーズナブルな値段で売られているので、本当にありがたい存在です。
このような生理痛の薬がなかったら、私の毎日はもっとつらいものになっていたことでしょう。

お役立ち情報